アンチエイジングを医学の面から考えてみる

アンチエイジングを医学の面から考えてみる

アンチエイジング

医学についてのお話をしたいと思います。

 

特に「医学部とは?」です。

 

医学部とは、人様の命と接する医師を育成する場所です。

 

その世界に御子息を入れたということは、親御さんにも覚悟をして頂く必要があるのです。

 

昨今は部活動中に骨折をしたりすると、親が大学に怒鳴り込んでくるそうだ。

 

「いったい、大学は同責任を持つのか」

 

ひさしぶりに、大学のヨット部のOB会が開催され、学生時代の先輩・後輩と再開できた。

 

不思議なもので、還暦間近にも関わらず、あっとういまに学生時代の感覚になってしまう。

 

お互いに年を取っても、年齢の差は埋まらないものだ。

 

いつまでたっても、先輩の目の前に立つと、「はい!!」と学生の時の返事になる。

 

後輩は大学の現役教授であろうとも、上げ上がった頭で同じくピシッとした返事をしてくれる。

 

いくつになっても、健全なヒエラルキーは心地よい。

 

卒業後もヨットを続けているものは、ヨット部の数%しかしない。

 

お金の問題ではなく、時間と興味の対象が問題であろう。

 

幸か不幸か、ほかに取り柄のなかった僕は、なんとかヨットを続けてきた。

 

いつの間にか、キャリアは足掛け40年を越えようとしている。

 

ほかのスポーツと違い、ヨットは大自然が相手である。

 

一瞬の判断ミスが命に各ァることもある。

 

いきおい船の上では言葉ま短く、乱暴になる。

 

「なにやってんだ」

 

「バカ野郎」

 

いまであれば、パワハラで訴えられる世界だが、当時は罵声が飛ぶことは当たりまえ。

 

第一、荒れた海のど真ん中、木の葉のように揺れる小舟の上では、言葉の乱暴さなどはどうでもよくなる。

 

おかげで脳外科に入ってからも罵詈雑言も、なんとも思わずに済んだ。

 

そうそう、麻酔の研修では、毎朝、頭をぽかんと叩かれるのが挨拶だった。

 

後輩であるヨット部の部長が、最近の大学のクラブ活動事情について説明してくれた。

 

それによると、昨今は部活動中に骨折をしたりすると、親御さんが大学に怒鳴り込んでくるそうだ。

 

「いったい、大学はどう責任を持つのか」

 

むろん、多くの親御さんは大学に怒鳴り込んできたりはしないが、一部には残念ながらそういった人もいるそうだ。

 

そもそも、クラブ活動は高校までは教育の一環であり、学校は大なり小なり責任を負う。

 

しかし、大学は「自治」の世界でえある。

 

たとえ、国家権料といえども、一定の距離感を持って接するべき世界だ。

 

まして、医学部とは、人様の命と接する医師を育成する場所でえある。

 

医師を育成する場所である。

 

その世界に御子息を入れたということは、親御さんにもそれ像王の覚悟をしていただく必要があある。

 

受験は人間性よりも成績の良さが重視される世界である。

 

およそ医師たる理念とは正反対の世界から、医学の父と言われる古代ギリシャのヒポクラテスが理想とした世界へ移ることは容易ではない。

 

今の若者はデフレ世代に育った世代。
人間の根本にあるべき成功体験、自己尊重感が不足した世代である。

 

かくいうわが身を振り返ってみると、還暦を目の前のしても、まだまだだなと思う。

 

ましてや、いまのわかものは、日本という国が右肩下がりのデフレ世代に育った世代。

 

人間の根本にあるべき成功体験、自己尊重感が不足した世代である。

 

努力したら、がんばれば、という詭弁は通用したない。

 

だって、頑張ったって日本の経済はどんどん悪くなる一方だもの。

 

ヒポクラテスの近いって言ったって、なんとか勅語みたいに時代錯誤も甚だしいんじゃないの
という若者の心の声が聞こえてくる。

 

いやいやいずれ君たちも気づかされるよ、君たちの患者さんからね。

 

この誓を間持つ続ける限り、わたしは、いつも医術の実施を楽しみつつ生きて、すべての人から尊敬されるであろう。

 

もしこの反対の運命をたわまわりたい。。。

 

この言葉の本当の意味をね。

 

病院でどうにもならなくなる前に、家庭でアンチエイジングをするなら。
「アンチエイジングサプリメント若返り」や「アンチエイジング サプリ 口コミ」でおすすめのサイトをご紹介。